もしがっちり日焼けをしてしまった時の効果的な対策方法

もしがっちり日焼けをしてしまった時の効果的な対策方法

紫外線対策を疎かにしたり、想定よりも日焼けした時は後悔せずにこれからできるケアに視線を移すことが重要です。

言わずもがな、美容にとっては大敵なのですが日焼けしてから72時間中に正確な対処を施すことで、影響を最小にさせられます。

単に肌が黒くなっているだけのように見られますが、医学的には軽度な火傷という扱いになり、炎症が起こっていることを考慮し冷やしつつ火照りを取り除いてあげなければなりません。

そのまま放置してしまうと腫れ上がる恐れがあるため、真っ先に冷やすことから開始すべきです。

まずは日焼けした箇所を冷やすことが鉄則

具体的には冷水を患部にかけたり常に保冷剤を当てるのが望ましく、保冷剤が無いなら氷水をボウルに入れてタオルを浸し使います。

タオルを使わずに氷を直接当ててしまうと皮膚の組織に負担を与えてしまい、尚更悪化してしまう恐れがあります。

そのため、氷を手に取りって使用したい時は一枚タオルなどを介して直接当たらないように調整し、絶対に擦らないようにしてください。

当てたまま動かさずそっと押さえるような様子で冷やし続け、火照りが感じられなくなるまで続けましょう。

その後徹底した保湿を行っていくのですが、その理由は水分が極端に奪われて著しく乾燥状態になっているためです。

保湿化粧水などで肌の水分をしっかりと補う

保湿化粧水を使っていくのですが、できるだけ日焼け用の製品を使うことを心がけ、尚且つ低刺激で敏感肌のために作られたタイプを使っていきます。

近頃はビタミンC誘導体が配合されている商品も多く、女性心からついケアの時にも使いたくなるものの、日に焼けた痕の表皮には刺激的過ぎるため数日間控えるようにしましょう。

保湿時は普段のケアで手に取る量よりも多くするのを心がけ、2倍から3倍ほど増量させてください。

また、手順にも変化をつけて手で押し込むようにハンドプレスして馴染まれるのがコツになります。

あくまでもハンドプレスであり、パッティングとは違う点を念頭に置いておかなければバリア機能が尚更破壊されてしまいますし、敏感肌だとコットンの素材ですら悪影響になるので、手だけで済ませるようにしてください。

化粧水での保湿後は蒸発を防ぐためにクリームや乳液といった油がベースになっている物で閉じ込めるようにして、塗布する度に滲みて痛いのならワセリンで保護します。

さらに、外面に限らず内面からも保湿ケアを行うべく、スポーツドリンクやミネラルウォーターを飲用し、飲む時には常温であることに拘ってください。