紫外線対策にはどんな方法が本当におすすめなの?

紫外線対策にはどんな方法が本当におすすめなの?

UVとも呼ばれる紫外線が、肌にダメージを与えることはよく知られています。

弱い紫外線であっても長時間浴びていると日焼けしてしまうことはもちろん、夏など紫外線が強い時期は屋外にわずかな時間のみいただけであってもあっという間に日焼けしてしまうため、注意しなければなりません。

そのため、仕事や趣味において屋外にいる機会が多い場合は日焼け止めという対策を行うことが大切です。

クリームタイプやスプレータイプの日焼け止め効果について

一般的な対策方法は、クリームタイプやスプレータイプの日焼け止めを利用する方法です。その効果は商品によって異なりますが、SPFとPAの数値によって判断できます。

それぞれがUVに対する効果を意味していて、SPFは最大で50+、PAが最大で++++になっています。

数字が大きかったり+の数が多ければ多いほど効果が高いですが、その分肌への刺激も強いため乱用することは避け、炎天下でのスポーツなど長時間にわたって屋外にいるときのみ最大値の日焼け止めを使用するようにしましょう。

それ以外の場合は、SPF30やPA++程度でも十分なのです。

帽子、サングラス、アームカバーを上手に使い分けて紫外線対策をしよう!

また、様々なアイテムによる対策も主流になっています。UVカット仕様の帽子やサングラス、さらにアームカバーを着用することで紫外線を浴びること自体を防ぐという方法です。

ロードバイクなどのスポーツではUVカット効果と同時に風を受けると冷える清涼仕様のアームカバーを着用することが増えてきていて、半袖で暑さを避けるよりもアームカバーを着用してUVを防ぐと同時に清涼感も得るという方法がメジャーになりつつあります。

日焼け止めサプリを飲んで念には念の紫外線対策を

さらに、近年は日焼け止め効果のある美白サプリを飲むことでUV対策を行うという方法が登場しています。

身体に塗るのではなく、日焼け止めに効果がある成分を含んだサプリを飲むことでUV対策になるのです。

クリームタイプと比べて塗る手間が掛からないことや化粧に影響がないこと、汗で流れることがないという点でメリットがあり、徐々に知名度が上がってきています。

こういった対策方法において、本当におすすめできる方法は人によって異なります。

たとえば、サプリの場合は手軽に対策ができますが、UV対策の効果としてはSPF50+やPA++++のクリームタイプより劣ります。一方で、UVカット仕様のアイテムは価格が高く屋内に入ると荷物が増えるというデメリットがあるのです。

自分が紫外線を浴びるときの状況を考慮し、最も適切な方法を選ぶことが大切なのです。